いかほど政治に鈍感も、何か面白いと感じるときがある

いつものことですが、ターミナルでコンペ法案、憲法改悪、アベ政治反駁のビラ配りを見ました。シニア階層が多いように見える。そうして常に反駁勢力の考えはわかりません。反駁という考えは、ポイントを解決するのでしょうか。右側とか左側とかで区分けすれば、シニア階層の多くは左寄りの手解きを通してある。太平憲法のサインは憲法第9条、コンペ挫折は国是、中学生の人前の時間に憲法を暗記しました。キャンパスに入るという反スタイルの大学生ムーブメントが快活で、活動しないノンポリも反スタイルに肩を持つのが、不謹慎なことに、素晴らしいと思いました。壊滅の先に前向きな進路が見えないのは不毛だ。でも反スタイルの活力は強烈で熱烈でもありました。今の野党共同にも共通したものを感じます。日本の安泰証拠、領地阻止をどうするか、住民をどうして続けるのか、真剣に論議し針路を明確に設けるべきポイントなのに、進路を示すことができません。トランプさんの言うことにも一理あります。日本に基地を置いて防衛するといったのは米国で、日本の阻止がアメリカの阻止になるというのがお天道様米国安保の要だ。それをこれから見直すべきだとトランプさんは言っているのです。トランプさんが大統領になれば、こういう本音はアメリカの国是だ。悪くはないと思います。沖縄基地払戻しが実現するかも知れません。普天機会も辺野古のポイントも不幸な虐待案件も消え失せるのです。憲法改変、自衛隊のポイントは、本来は日本の安泰証拠、国防狙いが定まれば解決する問題です。これらのポイントにシニア階層はさらに目をつぶってきました。ダメとしてきたことに触れられるためアレルギー適合もあります。但し、時代の潮目は変わりつつあるようです。ただコンペ法案反駁、憲法改悪反対を訴えるリアリズムを欠いた本音は不毛だ。ならばどうするのという重要なポイントを置き去りにやるからです。遅かれ早かれ住民はスゴイ心構えを迫られるかも知れません。これから腹を決めておかないといけないようです。背中 脱毛